2019年07月12日

松鈴庵 半夏生

半夏生(はんげしょう)
鷹の羽すすき

書 山本忘名
「鶴は舞う 松鈴庵の傍ら 亀は悠々として 池に遊び ここにあり
 傳えられる 良きことは 代々を寿ぐ」

花入れ 桂籠
台 中国 唐代

桂籠(かつらかご)と言っていいのでしょうか
「桂川で鮎漁をしていた漁師の籠です そうとう使いなされています」

66168018_1433376290134761_8123164113275715584_n.jpg


posted by 相原秀樹 at 15:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

窓外の桔梗

窓外の桔梗

66506551_1434590130013377_7392460425264103424_n.jpg
posted by 相原秀樹 at 15:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

新美術新聞から

大山現代の美術館からのお知らせです
新美術新聞
松尾多英展覧会開催中の記事です
同時開催は 清野融展覧会

66401810_1435304436608613_7291799225208143872_n.jpg
posted by 相原秀樹 at 15:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

我が師 山本忘名先生です


大山阿夫利神社に奉職したてです
奉納書展 忘名先生と出会いました
奉納の神事 私が祝詞をあげました
私の祝詞は 例文を読みません 心の中に生じるものを 心の中で唱えます
忘名先生に 気に入られ 必ず 祝詞は「相原さんに」と云われ 録音をされていました
私は 個人的に先生の門下に入りました
先生は 展覧会の 作品に取り掛かると 百枚以上の 試し書きをされます
それを見ながら 弟子たちは感動して 涙を流します
三枚ほど残して 私に電話が来ます
「用事が有るから 来てください」
香を焚き込めた 庵を訪ねると 
三枚の中の一枚を 「これを飾ってください」と云われます
山本忘名先生の書は 私の手元に 沢山集まります
先生の字を 一字一字追いながら 「この字の時は このようなお気持であっただろう」と分かる気がします
亡くなって 三十年近く 後をついだ 真島古汀先生も 八十を 越えられました 
秋には 展覧会をの予定だそうな 門下の皆様にお会いするのが楽しみです
※ 松鈴庵 風樹の間にかかる「風樹の嘆き」の前で

66449754_1435674133238310_6127876857657294848_n.jpg
posted by 相原秀樹 at 15:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。