2018年09月28日

わが履歴

自分の履歴が どこで見られているか 不安で
突然会ったら 杖ついていた 驚きますよね
伊勢原市大山生まれ。國學院大學文学部神道学科を卒業。和歌山市日前宮、伊勢原市の大山阿夫利神社に奉職。34歳で伊勢原青年会議所理事長。日本青年会議所関東地区副会長。
 逗子葉山青年会議所理事長で日影茶屋社長 角田庄右衛門氏に出会い感動のあまり「晴耕雨読」の道を捨て水商売に転身。
大山阿夫利神社の宿坊の長男 東学坊19代当主の予定が 弟が優秀なので分家
 1984年㈲松鈴庵設立、旧自由党総裁緒方竹虎別邸で茶懐石の料亭経営。
 1996年宿坊丸山邸を入手。日本テレビ11PMレギュラーの原栄三郎氏と相原秀樹が店内改装デザイン、コンセプトを作る。1階を「とうふ料理夢心亭」同時2階を「大山現代の美術館」として設立。
 49歳で脳動脈瘤手術、3年間の廃人生活の後、復活。
 59歳で脳梗塞発症、右半身麻痺。廃人生活から復活途上。
 茶道、各流派先生方にご指導頂いています。
その他、華道、嵯峨御流。能、喜多流。書道の師、山本忘名、真島古汀。音楽演奏、クラシックギター、邦楽、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき) 山野草を育てる事は終生の趣味。
 國學院大學ギターアンサンブル10期。
 自主コンサート200回ほど開催。おおやま文化倶楽部主宰。
その他様々のイベントの言いだしっぺ。
 大山能最後の子方。
障害者水泳大会 神奈川県大会一位
東京パラリンピック出場を目指す 左手左足50m自由形


posted by 相原秀樹 at 13:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。